読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナマケモノ花子の思いつき日記

25歳IT系会社員(女)が、仕事/英語/グルメ/音楽/癒しなどについて語ります

疲れた時に聞きたい癒しのジャズをご紹介

こんにちは。ナマケモノ花子です。

前回のブログでご紹介したとおり、簿記2級受験に向けてもっぱら奮闘中です。とはいってもまとまった時間はないので電車の中限定ですが。
 
週も半ばにさしかかると、疲れが溜まってきますよね。帰り道に勉強したり本を読んだりスマホで調べ物をするのも良いのですが、たまにはリラックスして音楽を聴くと良い気分転換になります。
本日は疲れた時にこそ染み渡るジャズのアルバムをご紹介します。
 

癒されたい時に聴くべきジャズ

Diana Krall "Wallflower"

 

 

 

Wall Flower

Wall Flower

ジャズピアニストでありボーカリストでもあるダイアナ女史の最新アルバム。ピアノソロはほぼなく、ボーカルメインとなっています。彼女の魅力であるスモーキーで男前ボイスを堪能できます。
 
カーペンターズイーグルスの超有名曲をカバーしていることもあり、普段ジャズを聴かない方にもオススメできるアルバムです。
 

Desperado

Desperado

Kenny Barron & Charlie Haden

 

 

 

Night and the City

Night and the City

 

 

 

 

当ブログでも以前ご紹介したケニーバロンの代表作であるデュオアルバム。ケニーバロンはデュオの名手と言われていますが、まさにそんな真髄を感じられるアルバムです。ベースのチャーリーヘイデンとの息はぴったりで、2人で極上の空間を創り出しています。
 
個人的お気に入りはFor Heaven's Sakeです。かすかに聞こえる食器の音と素晴らしい演奏で、まるで高級なバーでゆったりしているような贅沢な気持ちになれます。笑
 

For Heaven's Sake

For Heaven's Sake

 
本当はもっとご紹介したいのですが、本日は時間の関係でこのへんで。
それでは!
 
 
広告を非表示にする