読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナマケモノ花子の思いつき日記

25歳IT系会社員(女)が、仕事/英語/グルメ/音楽/癒しなどについて語ります

英語で数字を表すときに使うKの意味とは

英語学習

ドル札

英語で数字を表すときに、数字の後ろに'K"がついているのを見かけたことはありませんか?

 
この"K"は、数字の1,000(thousand)を意味します。
$3K だったら、3,000(three thousand)ドル
$300K だったら、300,000(three hundred thousand)ドルを表します。
 
日本語でも、距離や重さを表現するのに、Km(キロメートル)やKg(キログラム)を使いますよね。このように、"K"が単位に使われているときは、1,000をかけた数字、つまりゼロを3つ足した数字をパッと思い浮かべていただければオッケーです。
 

1,000以上を表す単位

英語では、ゼロ3つごとに単位が変化します。
電子デバイスの容量をあらわすのに、MB(メガバイト)やTB(テラバイト)といった単位を使いますよね。あの単位も、ゼロ3つごとに呼び名が変わるのです。
 
  • K = 1,000 = thousand
  • M = 1,000,000 = million
  • G = 1,000,000,000 = billion
  • T = 1,000,000,000,000 = trillion
"K"と"M"は、一般的によく使われるように思いますが、"G"とか"T"あたりは桁が大きいだけにあまり見かけませんね。コンピューターとか金融の世界でないと使わないかもしれません。
 
"K"は主にネットゲームでよく使われる略称らしいのですが、ビジネスでも普通に使います。
ゼロを何個も書いたり、"thousand"って書いたりするよりも、"K"とだけ書いてしまった方が楽ですもんね。
 

〜番外編〜 フランス語の数字の数え方

英語から脱線して、ここで少しフランス語の数字の数え方をご紹介します。
 
フランス語も英語のようにゼロ3つごとに区切って数えるのは一緒なのですが、1〜100まで覚えるのがとにかく難しい!私は4年間フランス語を勉強しましたが、数字には苦労しました。
 
1〜16までは、各固有の名前がありますが、17〜69の数字は、それぞれ 10+7、10+8、10+9… 60+8、60+9という言い方で表します。
(日本語も じゅういち、じゅうに…と表すので、ここは同じ考え方です)
 
そして問題は70〜99の数字。
70番代は、60+10、60+11…
80番代は、20×4、20×4+1、20×4+2…
90番代は、20×4+10、20×4+11… 20×4+10+9(!)
 
なんと複雑怪奇な数え方でしょう。さいごの99なんて、わざわざ2桁の数字を言うのにこんな分解する必要があるのかと憤りの気持ちが湧いてきます。
 

 

 

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

さいごに

だいぶ脱線してしまいましたが、このように日本語の数字の数え方と、海外の数字の数え方には大きな違いがあります。
 
日本語で一、十、百、千、万…と数えるのに慣れていると、英語やフランス語の数え方はとてもとっつきにくいように思えるでしょう。
 
しかし、このような数字も、慣れればパッと言えるようになります。まずは日本語の数字の数え方を一旦わすれて、ゼロ3つ区切りの数字の数え方に慣れることです。
 
そしてさいごに、英語の数字で "K" は "thousand" です。短くてわかりやすい!
それでは。
 
関連記事はこちら

 

 

 

 

 
広告を非表示にする