読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナマケモノ花子の思いつき日記

25歳IT系会社員(女)が、仕事/英語/グルメ/音楽/癒しなどについて語ります

思い込みによるコミュニケーション不足

f:id:sachaaaann:20150602075157j:image

Image by : Zitona


コミュニケーション


こんにちは。

社会人4年目になりますが、やっぱ仕事におけるコミュニケーションって超重要であるということを実感いたしました。

昨日、更新してはいけないファイルを更新しまくるという初歩的なミスをやらかしてしまいました。その資料はすでにお客様に提供済のものでさわってはいけなかったのですが、まだ手直し可能なものと思い込み、勝手に修正を加えてしまったのです。

社会人4年目にもなってお恥ずかしい話なのですが、その資料の位置付けを理解せず、周りにもロクに確認せずひとりで突っ走ってしまったわけです。


思い込みを疑う


これって結局、仕事における必要なコミュニケーションが取れていないこと、思い込みによってホウレンソウの機会を逃してしまったことが良くないんですよね。

周りの人間とコミュニケーションが取れてなかったわけではないんです。自分が疑問に思ったことは確認しますし、必要に応じて打ち合わせの場を設けて周囲と認識のズレがないか確認しています。

ではなぜ、このような初歩的なミスをしてしまったのか。

それは、この資料は修正可能なものと思い込んでしまったことが原因なのです。

実は私が先週金曜日に休暇を取っている間にこの資料はお客様のもとに渡っていました。
しかし、私はその事実を把握しないまま、先週の状況(まだ資料は修正可能)を基準に判断を行い、勝手に突っ走ってしまったのです。

ここで自分が「この資料は修正可能なはず」、「資料がお客様に提供されていたら、誰か連絡をくれているはず」、「自分がいない間にこの件については動きがないはず」という思い込みを捨てて状況を確認していれば、こんなミスは防げたはずです。


まとめ


このエピソードを読んで、そんな初歩的なレベルの低い話って…と呆れる方もいるでしょう。というか、自分が何より呆れました。汗

しかし、思い込みやコミュニケーション不足・確認不足って、自分のちょっとした気の緩みで簡単に起きてしまうのです。

いま一度初心に帰って、ホウレンソウが出来ているか・思い込みはないか?と疑う必要があると感じたやらかしエピソードでした。

それでは、今日もがんばりましょう!


広告を非表示にする