読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナマケモノ花子の思いつき日記

25歳IT系会社員(女)が、仕事/英語/グルメ/音楽/癒しなどについて語ります

VerifyとValidateの違い (verification と validation)

 「検証する」を英語で言うと?

 
こんにちは。ナマケモノ花子です。
本日はIT業界の端くれとして気になった単語をピックアップしてみます。
 
製造業やIT業界におけるテスト工程では、よく「検証する」という言葉を使うと思います。この言葉、辞書をひくと2つの英単語が出てきます。
 
それが、"validate" と "verify" です。
 
 

① "verify" とは

If you verify something, you check that it is true by careful examination or investigation.(コウビルド英英辞典より引用)
何かを検証する( verifyする )とき、あなたは注意深いテストや調査によって、それが正しいかを見極める。
はい、超直訳するとこんな感じ。
注目すべきは、「テストや調査によって」という言葉です。
"verify" とは、ある製品やモジュールに対して、詳細なテストや調査を行うことにより、それが正しいかを検証するということなのです。
 
 

② "validate" とは

To validate a person, state, or system means to prove or confirm that they are valuable or worthwhile.
ある人や状態、システムを検証する(validateする)ということは、それらが有効か、もしくはそれだけの価値があるかを証明・確認することである。
一方こちらは、検証対象が「有効」か、「価値がある」かを確認するということを意味します。
製品やシステムが、定められた規格に沿っているかを確認したり、そもそも顧客に要求されているものに合っているかを確認するのが "validate" です。
 
 

まとめ

2つの単語違いについてまとめます。
 
① "verify" 
詳細なテストや調査によって、それが正しいかを検証すること
 
② "validate"
ある一定の規格・基準に沿っているか、顧客の要求に合っているかを検証すること
 
作った機械が正しく動くかテストをして検証するのは "verify" で、そのテスト方法が有効かも含めて一定の規格を満たしているかをチェックするのは "validate" になります。
 
"verify" は下流工程で、"validate" は上流工程で使われるというイメージで良いかと思います。
 
 
まあ、ネイティブでも結構このへんは混同して使っている気もしますし、業界によってはどちらか一方しか使わないなんてこともあるかもしれないので、ご参考までにどうぞ。
 
それでは。
 
広告を非表示にする